水


クジラ日記

2008 7/20 高知県・黒潮町


 2日目、昨日よりも波は穏やかで期待も膨らみます。しかしこの日もなかなかクジラは見つかりません。漁船からクジラの情報があったポイントに行きますが発見できず。その後珍しくマイルカが1頭だけで海面をピョンピョン飛び跳ねているのを見つけました。そして今日も北へクジラを探しに向かいます。すると昨日見た親子クジラがまた現れてくれました。昨日よりもだいぶ手前で興津の辺りでした。

 クジラとの出会いは少なかったですが、帰りに港の筏に吊るしてある岩ガキをたくさん採らせていただきました。そして仕掛けにかかっていたタコも捕まえました。船長の家でゆで蛸や巨大な岩ガキをお腹いっぱいご馳走になり、本当に幸せなひとときを過ごしました。

 翌日は半日でしたので南の方にクジラを探しに行き、久しぶりにカツオの一本釣り船に出会いました。残念ながらクジラ付きではありませんでしたが、キラキラ輝きながら宙を舞うカツオを見られて楽しかったです。


以下の写真は、全てこの日に撮影しました。

クジラがなかなか見つからないので、碇を撮ってみました。 ベタ凪の海を覗き込むと、
自分の姿が鏡のように映っていました。
興津の沖でニタリクジラの親子を発見。
背ビレの特徴などから昨日と同じクジラだとわかりました。
こちらは子クジラ。とは言ってもかなり大きく、
おそらく生まれて1年くらい経っていると思われます。
この子クジラのひとり立ちの時期ももうすぐでしょうか。
この海で元気に育ってくれるといいですね。
港に帰ってくると筏に船を着け、籠の中のタコや
岩ガキを引き上げてくれました。もちろんそれらが
私たちの胃袋の中に消えていったのは言うまでもありません。



トップへ クジラの海へ トップへ クジラ日記トップ

水
inserted by FC2 system