水


LOG BOOK

2000 5/21 三重県・南島町古和浦
参加者: 暮野 小田 森田くんパーティ


 カヤックな季節

 クジラウォッチングの合間をぬって、暮野氏と二人で久しぶりのカヤックに行ってきました。場所は、おなじみの南島町古和浦。出発地点の「ロッジさらくわ」の前に到着すると、なんとキャリアのついた車がいっぱい止まっているではありませんか!いよいよ本格的にシーカヤックのシーズンも始まってきたんだなあと実感しました。

 さらくわの瀧さんに挨拶して、早速2人で漕ぎ出しました。瀧さんのお話しでは、風が強いので湾の外にはあまり出ないようにということでしたが、湾の中は驚くほど静かで、天気もすごく良かったし、とてもいい気分で漕ぎ始めました。この日は、いつもと少し趣向を変えて、違うルートで座佐浜まで行くことにしました。

 どんどん漕ぎ進んでいくと、カヤックのすぐ前を小さな魚がぴょンぴょン飛び跳ねていきます。それがまた、波のようにどんどん先につらなっていくので、見ていて本当に爽快な気分になってきます。かわいい魚もいいけど、イルカだったらもっといいのになあ、なんて思ってしまいました。(^^ゞ


岩抜けは楽しい!

 途中の定置網を越えたあたりから対岸へ渡り、湾の入り口を横切って、大回りで座佐浜にたどり着く計画を立てました。向こう側の岸には、海から突き出した岩がたくさんありました。波のある時には、なるべく岩には近づかないようにしているのですが、この日は波も非常に穏やかだったので、岩と岩の間をくぐり抜けるのに挑戦してみようと思いました。

岩の間を通り抜ける暮野氏 カヤックも車と同じで、スピードを出していると、なかなか方向をすぐには変えられないものですが、ゆっくり漕いでさえいれば、落ち着いて方向転換も出来ます。そんな感じでのんびりと岩の間を縫うように漕ぎました。これがとっても楽しかったです。こんなところは、カヤックでしか来れないなあというのを思いっきり感じました。

 少し止まって海の中を覗いて見ると、岩には真っ赤なサンゴ?がたくさんくっついていました。南島の海の豊かさに、あらためて驚かされた思いでした。その後、あまりにも海が穏やかだったので、調子に乗って湾から出てみようということになりました。始めは平気だったのですが、台風の影響か、だんだんうねりが大きくなってきました。少し先のほうの岩に、大きな波がぶつかっているのを見て、さすがに怖気づき、座佐浜に引き返す決心がつきました。 

ズラリ、シーカヤック

 座佐浜に向かう途中で、またまた岩がボコボコ出ていたので、岩抜けをして楽しみました。今度は、下を見るとトゲトゲのウニがいっぱいいました。こんな所でひっくり返ったら、血だらけになるなあなんて怯えながら(^^)、座佐浜に向かいました。

 座佐浜に上陸すると、すでにたくさんの先客がお昼ご飯を食べていました。パドルコーストのツーリング&レッスンのみなさんに、日本一周を目指す森田くんのパーティ、ひとりで漕ぎに来ている方もいました。久しぶりに、とてもにぎやかな雰囲気を楽しみました。森田くんたちには、スイカをご馳走してもらったりもしました。とても美味しかったー、どうもありがとう!

 浜にはズラリとシーカヤックが並んでいます。そのほとんどがノースショアのカヤックでした。今年のニューモデルの“ミストラル”に2人乗りの“カリプソU”なんかもありました。森田くんの“ショアライン”は、昨日進水式を終えたばかりの新艇で、今年から初めて日本で作られることになった“ショアライン”でした。しかも日本一周を乗り切るための特別仕様!いったいどんな感じなんでしょうね〜。6月からいよいよ日本一周の再開だそうです!

森田くんといっしょに

 浜にいると、本当にぽかぽかしていい気持ちだったので、少し横になっていましたが、なんかもったいない気がしてきたので、座佐浜の奥にある座佐池にカヤックを運んで漕ぐことにしました。座佐には浜のすぐ裏手に、意外と大きな池があるのです。ここでは漕ぐよりも、プカプカ浮かんでいるのがとっても気持ちよかったりします。(^^)
座佐池の新緑
 帰りは、森田くんに誘われて、いっしょに少し芦浜の方面に向かってから、さらくわに引き返そうということになりました。一緒に漕いでくれる人がベテランなので、さっきより安心して漕ぐことが出来ました。結構波があっても、しばらく漕いでいると不思議と慣れてくるものなんですね。あまり恐いと感じずにすみました。

 森田くんは、いろんなところでたくさん漕いで来たので、いろんなことを知っています。漕ぎながらも、勉強になることをいっぱい教えてくれました。もっとたくさん漕いで、僕らも身体で実感できるようになりたいなあと強く思いました。まだ穏やかな状況でしか、ほとんど漕いでいないので、もっといろんな状況でも漕げるようになりたいなあ。

 帰り道も、一直線に飛んでゆくトビウオを見たり、岸のそばをびっしりと埋め尽くすクラゲの大群を見たりで、なかなかに面白かったです。この一日でカヤックのいろんな楽しさを、まとめて味わえたような、本当に贅沢な一日でした。やっぱりシーカヤックは最高です!(^^)


トップへ シーカヤッキング トップへ LOG BOOK トップへ

水
inserted by FC2 system